はじめての方に読んでほしい記事はコチラ❢

Amazon Audibleで聴こうぜ小説|池井戸 潤(1)

オーディブルアイコン

Amazon オーディブルで聴いてよかった小説を紹介します。
今回はAmazonオーディブルで聴いた『半沢直樹シリーズ』についてです。
半沢直樹シリーズ1~4

俺たちバブル入行組

今回紹介するのは、『半沢直樹シリーズ 』です。
池井戸潤さんの超人気シリーズです。

一作目の「原作:俺たちバブル入行組」
二作目の「原作:オレたち花のバブル組」
(TVドラマタイトル:半沢直樹)
シリーズ一作目発売からすでに10年も経っているんですね。
TVドラマ化されてからも5年が経過しています。
オーディブル版は2018年からリリースされています。

私がオーディブル版を、聴くまでの状況

原作未読、TVドラマ視聴済みです。
TVドラマ版と比較する形になります。

内容

主人公の半沢はエリート銀行マンですが、社内抗争と外部的要因が複雑に絡む難題に苦しめられながらも、自分の足で問題を調べ、やられたらやり返す周到さを持った人物です。上司関係無く歯に衣着せぬセリフで、スカッやり返す様が見所です。

ナレーター

吉田健太郎さん
TV番組や、コマーシャルのナレーションで活躍されている方の様です。
半沢直樹のセリフはやはりTVドラマ版半沢直樹役の堺雅人さんに、寄せているように感じます。

TVドラマ版との違い

一作目と二作目はTVドラマ化されておりますが、原作と若干設定が異なっています。
TVドラマ版で自殺したはずの半沢父(笑福亭鶴瓶)が普通に生きていて登場します。(良かった☺️)
そして、TVドラマ版でやさしい可愛い半沢妻(ドラマ版は上戸彩)がすごくヒステリックでキツいです。半沢が仕事で見せるエリート銀行マンの顔とは異なり、自宅ではたじたじとなっていたり、黄昏れている主人公の状況が、聴いていて楽しいです。(半沢妻は四作目では登場しない?)
ナレーションの方の演出が大きいと思います。

私のなかでは、半沢直樹=堺雅人のイメージになってしまっています。 堺雅人さんの「倍返しだっ!」など、スカッとさせる演技が面白いので、どちらが楽しめるかと聞かれたら、TVドラマ版の方をあげます。ただし、TVドラマ版は1~2までしか映像化されていませんので、シリーズ通して気軽に楽しみたい方は、この機会にオーディブルで1~4まで聴いてみてはいかがでしょうか。

Amazonオーディブル無料体験

Amazonオーディブル過去記事

以上、『Amazon Audibleで聴こうぜ小説|池井戸 潤(1)』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です