はじめての方に読んでほしい記事はコチラ❢

Amazon Audibleで聴こうぜ小説|池井戸 潤(3)

オーディブルアイコン

Amazon オーディブルで聴いてよかった小説を紹介します。 
今回はAmazonオーディブルで聴いた『七つの会議』についてです。 

オーディブル七つの会議

2019年2月1日 映画が公開されました。
オーディブル版もそれに合わせて、同日コンテンツがリリースされています。

内容

東京建電という中堅電機メーカーを舞台にした不祥事隠蔽とそれにかかわる人々の群像劇です。群像劇が好きな方におススメです。
社内で優秀で通っていた営業マンが突如パワハラで訴えられるところから話がスタートします。パワハラを訴えたのは、よりにもよって、居眠り八角のあだ名で呼ばれるぐうたら社員でした。
だれかが、先陣をきって不祥事解明に奔走する話ではありません。

役職や職種の違う平凡な社員たちの不作為が作り上げていく不祥事に対して、社員たちは立場の違いから異なる方法でそれに対峙し、不祥事の全容が徐々に明らかになっていきます。
本作では、不正解明はされますが「倍返し」できるわけでもなく、釈然としない思いが残るお話でした。

ナレーター

平川 正三(ひらかわまさみ)さん

AIR AGENCYという会社所属
アニメやゲームで何作か出演されているようですが、圧倒的にオーディブルでの活躍がめざましい方です。
声の幅が広く女性役も普通に聴いていられます。
渋い声も出していますが、高めの声で個人的には聴き取りやすいです。

私がオーディブル版を、聴くまでの状況

小説原作未読、TVドラマ未視聴、映画未視聴
映画版より5年早く2013年に東山紀之さん、吉田鋼太郎さん主演でTVドラマ版で映像化DVD化されています。

Amazonオーディブル無料体験

Amazonオーディブル過去記事

以上、『Amazon Audibleで聴こうぜ小説|池井戸 潤(3)』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です