はじめての方に読んでほしい記事はコチラ❢

手打ちそば 港屋|山形県産そば粉を使った相盛り板そば

港屋アイキャッチ

オシャレでそば屋の美味しい中華そばで有名な港屋さん。前から気にはなっていました。
山形縣護國神社からも近く、参拝した後に伺いました。

手打ちそば 港屋の外観

手打ちそば 港屋へのアクセス

JR北山形駅から車で東へ5分位の場所にあります。
山交バスの路線 33 「和合四辻」から徒歩1分未満で着きます。

住所山形県山形市和合町二丁目1-30
電話番号023-622-8921
営業時間11:00 ~ 15:00(一部屋を除き禁煙時間帯)
17:00 ~ 19:30( ラストオーダー(喫煙可))
定休日毎週火曜日
アクセスJR新庄駅から車で東へ7分(2800m)
Wi-Fi不明
駐車場10台位
公式HP無し

手打ちそば 港屋ってどんなお店?

手打ちそば 港屋ののれん

土曜日の14:30頃と遅い時間に訪れたのですが、意外とお客さんがいて繁盛していました。

車で来たので試飲できませんでしが、そば屋の隠し酒なるものがあるようです。う~ん 気になる。

手打ちそば 港屋のメニュー

手打ちそば 港屋の四季

寒晒しそば:桜の開花から3週間ほどの限定そば

手打ちそば 港屋のメニュー1

天保そば:五月下旬から3週間ほどの限定そば

夏の新そば:八月上旬から中旬
      宮城県石巻産と秋田県横手産を使用したそば

冷やしラ~メン

秋の新そば①:北海道産北早生を使用したそば

秋の新そば②:山形県産でわかおり

秋の新そば③:山形県産最上早生

鴨汁ざるそば

カレーそば

手打ちそば 港屋の相盛り板そば

今回わたしが、注文したのは相盛り板そば(1370円)です。

手打ちそば 港屋の相盛り板そば1

山形県産「でわかおり」と「最上早生」の二種類のそばの実を主に使用(季節により変更)しており、二台の石臼で細打ち用と太打ち用のそば粉を別々に自家製粉、純手打ちにて作られています。

2018年は国内産秋のそばが不作だった為、内モンゴル自治区の「マンカン種」のそばの実を少量ブレンドしているそうです。

太打ち「 最上早生 」

山形県内でよく食べる板そばの味
食べ応えがあって、蕎麦々々している。

細打ち「でわかおり」

わたしは、太打ちを頂く機会が多いのですが、細打ちを久々に食べて、素直においしいと感じました。
噛むと、そばの甘みがじんわり広がります。
太打ちより、細打ちの方がより強くそばの甘み、うま味を感じました。

見た目からしてそうなのですが、そうめんの様な歯ざわりの細い麺で、つけ汁が良く絡みます。

手打ちそば 港屋の器

よくはわからないけど、どっしりとした味のある器です。

手打ちそば 港屋のそば湯

そば湯

1リットル入るようなお茶入れに入れてもらえます。
美味しくてついつい全部飲んでしまいました。
最後の一杯は写真の通りドロっとした白濁湯になります。
ぜんぶ、このぐらい濃いそば湯だとなお良いのになぁ
…と思いました。(小並感)

以上、『手打ちそば 港屋|山形県産そば粉を使った相盛りそば』でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です